小学生の通信教育・子どもの家庭学習

通信教育で添削がないところ

2016年11月30日 11時57分

基本的に添削は親がするタイプの通信教育です。子どものやる気・モチベーションを高めるのは親の責任になります。新鮮な気持ちと驚きが大切なポイントになります。
 
  • スマイルゼミ
ジャストシステム(本社徳島県)が運営しています。大手のソフトウェア開発会社です。ジャストシステムのタブレットを使って通信学習をします。専用のタブレットを使うことでゲーム感覚のようにスムーズに楽しく学習することができます。
 
教材はインターネットで配信され、内容は国語・算数・理科・社会・漢検です。オプションで英語学習もできるように対応しています。
 
月額は2,980円からで一括払いになっています。対象になるのは小学校1年生から6年生です。タブレットを利用しますから教材が散らかったりしません。画面に集中できますし、マル付けをしたりする手間が省けます。
 
  • 小学ポピー
全日本家庭教育研究会から生まれてきた教材。教科書に対応しているのが特徴です。問題量もほどよいボリューム。学習習慣が知らないあいだに身につきます。学習の成果を確認するのは「まとめテスト」。小学校低学年は国語と算数。小学校3年生からは国語・算数・理科・社会です。添削はなしになっています。
 
月額は2,700円から3,200円となっており、対象者は小学校1年生から6年生です。他の教材と比較すると会費がリーズナブル。ポピーの出版編集元の新学社は、全国の小学校や中学校で使用するテストやドリルを作っています。子どもにも馴染みやすい紙面が好評です。
 
  • 七田式小学生プリント
有名な教育学博士「七田眞先生」の教育方法は右脳教育の「七田式」です。心の子育てを中心に考えています。右脳と左脳のバランスを考えて教育してゆきます。テキストは毎月1冊ずつの定期発送と一括発送を選べます。
 
一活発送の場合、国語1科目の場合は1年間分で14,700円になっており、対象になっているのは小学校1年生から6年生です。添削はありません。