小学生の通信教育・子どもの家庭学習

小学生の通信教育・子どもの家庭学習

一般的なご家庭では学校の宿題以外にも国語や算数のドリルを購入して、勉強させているケースもあるでしょう。食事のあとに1ページ程度のペースで学習習慣をつけさせようとしているご両親もいるでしょう。
 
ですが、親が教材を適当に選ぶのは良いのでしょうか?年間を通して一般したカリキュラムやスケジュールがある学習教材の方が良いと見直しをされています。現在の日本は学力の低下が深刻になっています。学校や幼稚園の勉強だけでは不安に感じている人も少なくありません。
 
数年前から小学校の授業時間も増えています。学習のスピードは随分と早くなりました。その結果として勉強が遅れても、ほとんどの学校はフォローをしてくれません。勉強が遅れてしまうと楽しくなくなります。授業が分からなくなってしまわないようにご家庭でフォローするケースが増えています。
 
今は家庭環境や家庭学習の良し悪しによって、子どもの学力に大きな差がでると言われています。ですが、実際には勉強以外の習いごとがあったり、近くに学習塾がなかったりします。スケジュールが上手く調整できない場合は通信教育がうってつけです。
 
通信教育は無理やりやらせてもかえって逆効果になります。いかに好奇心を刺激してあげるかが大事です。親としては褒めてあげてやる気と自信を付けさせてあげる環境づくりが大切になります。勉強は楽しくするのが一番です。各社の通信教育の特徴を比較してみました。いろいろと情報を集めて、一番納得がゆく教材を選びましょう。できるだけ途中で変更することなく、継続するのが理想です。いい加減に選ぶと後々、困ります。


ポピー